本文へ移動
ネット・ゲーム依存症
支援の要(かなめ)
ネット・ゲーム依存症支援に欠かせない、グレイス・ロードの特徴でもある3つの要素をご紹介します。
スタッフも当事者だから安心
みなさんご存知ですか?『ピアサポート』という言葉。
”当事者活動による支援”のことを言い、当事者同士がお互いに助け合う仕組みです。私たちスタッフも依存症当事者です。自分の体験をもとに利用者の相談に応じることで、問題解決に向けた支援をしていきます。
ネット・ゲーム依存症支援スタッフ
スタッフ 坂本 拳
デジタルデトックス
スマートフォンやパソコンなどから離れ、「人」「自然」とのつながりに目を向けることをしていきます。デジタルデバイスの使用に伴うストレスを緩和し、自然豊かな場所で自分自身と向き合える環境を提供します。
土いじりで大地を感じよう!
農業体験
キャンプファイヤーしながらミーティング
山中湖キャンプ
海辺でビーチフラッグ!
海のプグラム
山梨だから見られる景色
富士山が近い!
季節とそれに応じた自然の変化を体感
自然と触れ合うトレッキング
楽しいことが見つかる場所
清里でBBQ
お互いに認め合い、自分と向き合える時間
グループミーティング
安心できる場所として
回復の柱はグループミーティングです。こういったグループセラピーを通して、自分自身の経験や悩みを正直に話し、当事者同士が助け合い・分かち合いを行います。そのほか、スポーツプログラムの実施、「食の回復支援」担当スタッフ監修の栄養満点ランチタイムなど、仲間同士で触れ合う機会が沢山あり、安心感や信頼感を育み、自分の居場所であると思えるようになります。
一般社団法人グレイス・ロード
TOPへ戻る